02/12 某氏にシナリオを相談したら

今日は某氏と遊んだのだが、その際その某氏にシナリオの内容を相談したら、見事なまでにネタ満載なシナリオに変換されて帰ってきた。
ちなみにその某氏とは去年11月のシルバーレインのシナリオの発案者である。

ちなみにそのネタを考えるまでわずか10分、某氏の発想力には脱帽である。

とそこまでネタが思いつくのに本人はそんなネタシナリオでマスターをするつもりは毛頭ないとのこと。よーするに我輩にやらせて実験させているだけということか?

トラックバック

この記事のトラックバック
http://www.ark.sakura.ne.jp/blog/mt-tb.cgi/619

コメント

ネタって、タッチのやつですよね?人づてに聞きました
ネタという言葉がどこからどこまでを指すのか、自分にはよく判らないのですが、登場人物の名称はともかくとして、双子の兄弟とか、ヒロイン宅が喫茶店とか既にパクりとは言いませんかね?
私、ネタとパクりは別物だと思うのですが
どうなんでしょう??
難癖とかじゃなくて、問題提起として書き込ませて頂きました

投稿者 とおりすがり : 2009/02/12 18:47

ご意見ありがとうございます(^-^)/

まず個人的な意見で言わさせていただくと、私が作ったシナリオがパクリだと言われれば、確かにネタでもありパクリだと思います。

この時のシナリオは、キャラクターの設定はそのまんまタッチの設定を使い、それをほぼ100%ブラフ設定で本編とまったく関係ないところで、実は犯人がいる。しかもその犯人はたまたま助けられた猫という設定。

正直「ネタ」と言える部分と、「パクリ」の部分の比率を考えるとパクリの部分が圧倒的に多くなってしまいました。正直ここまで「パクリ」の部分を引っ張るつもりはなかったのでこの部分はマスターである自分の失敗です。


ただパクリが悪い事かといわれれば、私は悪い事ではないと思っています。

TRPGのシナリオにおいて完全にオリジナルな設定である必要というのはないと思っており、多くのプレイヤーが知っているようなネタを使うことで、PCとGMの間で共通認識を作り出すために非常に役に立つと考えています。

たとえば類まれなる野球センスを持ち丹精な顔立ちが女性にも大人気な双子兄弟の弟というよりは、上杉和也のような人と言ったほうが、多くの人に簡単にキャラクターのイメージが伝わると思っています。

ただもちろんパクリも一部プレイヤーしか知らない様な内容であったり、パクリの元ネタを知っているプレイヤーだけが有利になる様なシナリオであるなら、むしろ悪いことだと思っています。

そんな感じで、パクリはよい部分も悪い部分もあると思っています。

なのでシナリオにおけるパクリは利点欠点を理解して利用する分にはよいのではと思っています。

以上が私の意見です。

投稿者 なたり : 2009/02/12 22:55






保存しますか?