06/02 プレイスタイルの違い

先日ソードワールド2.0のマスターをしました。
シナリオも全体的に短めで夕方頃にはサックリと終了して、その後はテーブルのメンバーでカタンを遊んでいました。


この日のプレイ自体は特に問題も無く楽しくゲームをすることができたのですが、プレイヤーとマスターである僕との間でプレイスタイルの違いを少し感じました。


僕のプレイスタイルはどちらかと言うとロールプレイ重視で、現実的に考えて出来そうなことであれば、システム的に無理なことでもOKしてしまう傾向があります。

逆にシステム的に出来ることでも、現実的に考えて明らかに無理があるような設定の場合は、却下をすることもあります。


ただこの日のプレイヤーの方の多くはシステム重視の傾向があり、システム的に出来ると書かれていることは、現実的に考えて多少無理があっても出来ると判断をする方々でした。

僕の考えの基本はプレイヤーが望むなら他のプレイヤーの迷惑にならない範囲で自由にやらせてあげようというのが基本的なスタンスなので、最終的にプレイヤーたちがそれでやりたいというのであれば他のプレイヤーと調整したうえで許可をして行きます。

マスター判断が絶対的なので僕が納得できないことは全て却下すればよいのではと言われてしまいそうですが、TRPGなのでお互い会話をして全員で決めたいという気持ちがあるので僕はこういうやり方をします。


ただこのやり方でも結果的に少数派の意見は潰すこととなってしまうのでこの方法が全て正しいかというとそうではないのではと思っています。


それを考えるとある程度プレイスタイルが一緒のプレイヤーとマスターが集まれるような仕組みを考えるべきなのかとは少し思っています。


例えばマスター募集の記入用紙に、推奨するプレイスタイルなどを書いてもらい、プレイヤーの方にはそのプレイスタイルを納得した上で参加ゲームを決めてもらうとかです。

プレイスタイル「ルール重視、バランス型、シナリオ重視」
シナリオ「ギャグ、普通(?)、シリアス」

予めマスターからプレイスタイルなどの提示することで、プレイヤーの方はマスターのプレイスタイルを納得してもらった上でゲームに参加してもらう様に出来るのではと思っています。
そしてプレイスタイルの違いが合っても、プレイスタイルを基準にして調整しやすいのではと思うのです。


ここまで読んだ方はどう思うでしょうか?
ご意見とかありましたら是非いただければと思います。

トラックバック

この記事のトラックバック
http://www.ark.sakura.ne.jp/blog/mt-tb.cgi/596

コメント

先日はお疲れ様でした。
ゲイボルクのスタッフマスターに蒼樹さん、ていらっしゃいますが、彼女のプレイヤー募集では、
主人公には思いきり熱い台詞や恥ずかしい台詞を半ば強要するスタイルを打ち出しています。
これは強烈な個性であると共に、参加者としては、自分の嗜好するプレイスタイルとのすりあわせ
が容易で、とても歓迎すべきマスター紹介の方法だと思います。
マスター希望のシートに、各々の嗜好するプレイスタイルを記入する方法も良いと思いますが、
マスター紹介時に、成田さん自身の嗜好する遊び方、いわば【成田さん自身の色】をもっと出せば
マスターとプレイヤーが、共に遊ぶ上で齟齬が減ると思いますよ。
さすがに齟齬が無くなる、とは言えませんが…
是非次回お試し頂きたいと思います。

投稿者 とおりすがり : 2008/06/03 06:29

先日はお世話になりました。通称弟子の者です。

自分もとおりすがりさんの意見に賛成です。
せっかくGMのかたがプレイヤーの方々に一言伝えておくことが出来るタイミングがあるわけですから、利用しない手は無いと思います。

マスターシートに項目を付けることは反対ではありませんが、それだけではプレイヤーに伝わる部分が弱く思えます。
GMから直接伝えられる言葉の方がやっぱりしっかり残ると思いますしね。

どちらかというと、項目よりマスター紹介の時にプレイヤーに伝えておくと良い事などの注意書きを加える方が効果があるのカナ?

と、書いてみましたが実際の所は動かして見ないとわからない事の方が多いですね。一度試して意見を聞くのがいいのでしょうね。

投稿者 大蛸 : 2008/06/03 09:12

お二人ともご意見ありがとうございます。

マスター紹介の際に自分の推奨するプレイスタイルを言うのは確かにひとつの手法ですよね。
今回ご意見いただいた内容など含めもう少し別のやり方なども無いか色々と検討をして見たいと思います。

ありがとうございました。m(_ _)m

投稿者 なたり : 2008/06/04 09:29

In the past Pepsi has been known for coming up with and selling oddly flavored versions of their renown Pepsi soda. They窶况e made their soda clear, white, clear, red, and now they窶决e going blue with Pepsi blue.

投稿者 minolaa : 2012/05/25 02:45






保存しますか?