05年07月

05年07月26日
駄文 嫌な話

個人的な趣味でよく技術系のニュースサイト「Tech-On!」を愛読しているのだが、ここにアスベストと同じぐらい危険になりうる新素材のネタが載っていたので気になったので少しこっちに書いてみます。
(ちなみにTech-On!は会員登録(無料)が必要なので直リンクはなしです…)

ちなみにその新素材というのが、今話題の「カーボンナノチューブ」のことです。詳しい説明は以下にお任せしますが、簡単に言うなら炭素で出来た直径が「ナノ」メートルの筒状の物質で、トランジスタや燃料電池の分野で使われようとしているものです。

http://www.labs.nec.co.jp/innovative/E1/top.html

実はまだこの物質毒性があるという事が正しく実証されていないのですが、ラットとマウスを使った実験ではアスベストと同じように肺から胸膜まで到達したとのことでした。
ただ実験の方法が正確な評価が出来ない方法のため懐疑的な意見もあるそうですが、注意はしたほうが良いというのが現在の見解らしいです。

続きを読む

コメント (4) | トラックバック (0)

05年07月25日
駄文 仕方が無いとはいえ残念

つい最近個人的に好きだったコンベンションが相次いで休止を告げています。中には行く機会も無かったところなどもありますが、一度は行きたいと思っていたところもあり非常に残念で仕方がありません。

Exprolerが活動をやめた理由にもあったように中部圏のTRPGゲーマーの世代交代が出来ていないことを実感します。そして我々コンベンションのスタッフも世代交代がうまく回っていないと思います。

正直我々ゲイボルクも少しずつではありますが各スタッフがコンベンションに費やせる時間が減ってきています。ただいつ活動を休止するとかそういった切迫した話は一切ありません。けど来年からスタッフ数名が抜けるとかは十分ありえる話だと思っています。それが誰かもわかりません。もしかしたら僕かもしれません。

それを考えるとこのホームページをリニューアルしたときにも思ったのですが、次の人に残せる何かは用意していかないとダメかもとは思います。
とまぁそんなわけでもう少し何か残すべきものを考えてまじめなことも書いてみようかと思います。

コメント (0) | トラックバック (0)

駄文 XPの次はVista

Vistaといってもトヨタの販売店の名前ではありません。

今まで開発コードLonghornの名で呼ばれていた次期Windowsの正式名称が「Windows Vista」となったそーです。正式な出荷は2006年とのことで来年の年末ごろには出ているかと思います。

ちなみに今年8月上旬には開発者向けにベータ1が出荷されるとのことで、その頃には次期Windowsのネタが雑誌でもいっぱい出ると思います。
今までは技術的な話や10フィートUIとか今まではどちらかと言うと宣伝目的のようなネタが多かっただけに今度のベータ版がどの様なOSに仕上がっているかは非常に興味があったりします。

コメント (0) | トラックバック (0)

05年07月24日
駄文 敦賀まで名水を汲み行くが…

土曜日我がオヤジに連行され遥々福井県敦賀湾まで万病に聞くという事で有名な名水を汲みにいった。

というのも我が叔母が数年前からガンを患っておりそのためこの手の「xxxx」に効くらしいという話にはオヤジが敏感に反応するのだ。で、その話をTVで見たらしく土曜日にごろごろしていた僕を捕まえていくことになったのだ。

場所などは事前に調べていたため朝出発して何も問題なく2時間ちょいとで到着をする。

が、現地に着くと凄く小さな場所なのだが前の広間に20台近い車が止まっているのだ。しかも警備員のおじちゃんが帰れと手で指図をしていたりする。このあたりで嫌な予感がするがとりあえず車を止めて事情を聞くことに。

するとなんと今日は人が多すぎてもう汲めないというのだ。週末は大抵10時に到着してぎりぎり営業時間終了の16時に汲むことが出来るような状況なんだそうな。
源泉を見ると水は弱々しくちょろちょろと流れているだけでポリタンク1個で10分はかかりそうな勢い。正直小さい場所だとは思ったがこんなに少ししか出ていなくてこんな似人が多いとは思わなかった。

という事で結局帰りにおいしい魚を食って帰って来ることに。非常に無駄な一日であった。

続きを読む

コメント (0) | トラックバック (0)

05年07月22日
駄文 SonicStage3.2が27日リリース

PSPのファームウェアがバージョンアップされ2.0になりました。今回バージョンアップでは動画配信のサービスへの対応やWebブラウザへの対応など多くの機能に対応しています。
そして今回のファームでMemoryStickPROでのATRAC3、ATRAC3plusの音楽の再生に対応しており、それに対応した音楽転送用ソフトであるSonicStage3.2が27日にリリースとなりました。
個人的には動画配信よりもSonicStageのバージョンアップのほうが重要です(笑)


ちなみに正直SonicStageのMemoryStickPROへの音楽転送の対応はやっとって感じです。正直遅すぎです(-_-;
このリリースがもう数ヶ月早ければ「W31S」も128Mの呪縛もなくすばらしい携帯になったと思うのですがねぇ…

ちなみに、バージョンアップしたら試しに手持ちのMemoryStickPROに音楽を転送してみて「W31S」で再生できるか実験をする予定です。

コメント (0) | トラックバック (0)

05年07月19日
駄文 DAINA☆CON19

来年10月に「DAINA☆CON19」が名古屋で開催されるそうな。という記事をいつも読まさせていただいているBlogに書かれていました。

「SF大会」は聞いたことがさっぱりでないのだけど、「DAINA☆CON」は何故か名前だけは聞いたことがあってビックリ。しかもロゴを見て見覚えがあるので更にビックリだったりします。
とまぁそんなわけなのでせっかくなので来年10月は機会があれば参加してみようかと思うわけです。

が、そもそも「SF大会」って何をするものなのかがさっぱりでわからないのですよ。体感レポートを読んだけどやっぱり完全には理解できないようなって感じなんですね。でもなんとなくは理解した。

我が考えとして「習うより馴れろ」という考え方もあり、とりあえず何も考えずにいってみるかとかか不届きな事を考えるのだが、やっぱりそれはダメだろうと思うのでもう少しネットで情報を集めて見ます。

どこかに解りやすい説明ってないですかねぇ…

コメント (3) | トラックバック (0)

駄文 携帯を変えた

という事で色々と考えた結果、結局携帯電話を機種変してしまいました。自分の物欲に勝てなかったというかって感じです。

ちなみに変えた先の機種はSonyEricsson製の「W31S」です。ちなみに色は悩んだ挙句オレンジにしました。

この機種微妙に大きいだとか、音楽携帯とか言いながら使用できるメモリースティックの容量に制限があるとか、SONY製なのにジョグダイアルがないとか色々と方々からダメだしの多い機種ではありますが、実際使ってみると案外良く動作が凄く速いし普通に音楽聴く分にはアルバム2枚分ぐらいは入るしで普通に使ってみる分には全然問題なしって感じです。

とまぁこんな感じで自分的にはそこそこ満足しています。

コメント (0) | トラックバック (0)

05年07月14日
駄文 Aの魔法陣

つい最近オリジナルシステムのルール云々なんぞを考えていると、気になってしまうシステムである。

ルール自体は従来のシステムより極端にかけ離れたもので、僕もネットで情報を集めるとこれまでとは違うルールの考え方には凄いと思ってしまうのです。ただ全部の情報がわかるわけではないので最終的にはルールブックを見たいのです。

ただ僕の身の回りで聞いてみても誰もルールブックを持っている人はいなく、かといってコンベンションでテーブルが立つわけもなく、だからと言って自分で購入したくなるほどというわけではないという微妙な一品なんです。

どなたかこのシステムのルールブックを持っている奇特な方はいらっしゃいませんか?、もしいらっしゃいましたら是非どんなシステムか教えてください(笑)。

コメント (3) | トラックバック (0)

05年07月13日
駄文 今週末にアップ予定の品

今週のアップ予定ですが、忘れ去っていたD&Dキャンペーンの続きをアップします。今回は第二話という事でこの辺りからだんだんと各自の独特の色というか性格が現れ始めるあたりで、各自のプレイもかなり濃いい感じになっています(^^;

あとアンケートの残りの結果につきましてはもう少しお待ちください。最悪でも今月末にはアップをします。


あと個人的な雑記ですが、今週末スタッフのご親友の方が遠路遥々暑い名古屋にやって来る予定でその方を交えて一緒にTRPGをすることとなっています。ちなみに僕がマスターをする羽目になったのですが(^^;、せっかくなので録音だけしてみて出来そうならリプレイを書いてみようかと思います。

といって書ける自信は10%以下なので期待せずに待っていてください。

コメント (0) | トラックバック (0)

05年07月07日
TRPGコラム ルール云々の話

G-S.T.Fなどに所属の「しんやすなおき」氏が自ら作り出したオリジナルシステム『刑事魂弐〜SOUL AGAIN〜』が見事佳作に選ばれたそうです。とりあえず僕も昨日雑誌のその部分だけは立ち読みしました。
まずはおめでとうございますとひっそりと言っておきます。そして次回作の作成がんばってください(笑)。今年の冬には御自身のホームページで冬コミでの発売決定の話が書かれることをひそかに期待しています。

で、今回佳作となってしまった一番の理由として、判定ルールが指摘されていましたが、オリジナルシステムをひそかに作っている人の端くれとしてルール云々の話を書いてみようかと思います。

ちなみにこれから書く内容はあくまでも私個人の主観に基づくもので一般論から大きくかけ離れた内容になっているかもしれません。予めご了承ください。

続きを読む

コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ更新 アンケート結果

7/3日開催したコンベンションでとりましたアンケート結果を「convantion」カテゴリーにアップしました。なお残りのアンケートについては後日アップします。

あとコンベンション開催日についても更新をしました。

コメント (1) | トラックバック (0)

05年07月04日
コンベンション情報 今日中にアップ予定

という事でコンベンション明けの次の日ですが、昨日ご参加していただいた皆様本当にありがとうございました。昨日取りましたアンケート結果につきましては本日中にWebに公開しますのでお待ちください。
ちなみに昨日も少し書きましたがゲイボルク関連のアンケートの項目を一部増やしています。という事でその結果の解説と対策を少しだけ書きます。


アンケート増やした項目というのは、今日ゲイボルクに来た一番の理由と次回もまた来るかといった内容です。それに従来からある5段階評価の結果と組み合わせて見てみるとコンベンション参加者の傾向が解る訳です。

まず一番多い人が「ほかに行くコンベがなかった」為に参加して「コンベ全体の評価は他のコンベと大差がなく」また来たいかと言えば「他に選択肢が無ければ」という人たちです。

その次に多いのは「どんなコンベンションか興味があった」ので参加して「それなりに良いコンベである」と思うが「ほかに選択肢が無ければ」来ようと思う人です。ただ一人だけ「是非参加したい」という方がいらっしゃいました。

そしてそれ以外の方というのが我々をごひいきにしていただけている方々で「会場の場所」であったり「お茶があるとか」そういった他のコンベとの優位点を見出せているために参加し「それなりに良いコンベである」と思うし「是非次回も参加したい」と思っていただけている方々です。


この結果からまずわかる点は、いろんなコンベンションを渡り歩いている様な熟練のTRPGゲーマーには我々のコンベは他のコンベと比較すると参加したいと思われなかったという事です。

対策としてはヘクスシート、スクウェアシートや、キャラクターシートなどを無料ペーパーとして用意しゲーム環境の改善をします。

本当はチャート類のコピーの貸し出しとかやると良いのですがそれをやると出版社に怒られちゃうので堪忍してください(^-^;


あと今回のアンケートでは一部参加者のタイプの絞込条件に甘い箇所があったので次回までにはもう少し改善します。

参加した理由に「椅子が良いから」も追加します(笑)


アンケート結果とはまた関連は無いのですが、案外インターネット接続環境を持っていない人が多くそういった方々にはコンベンションの開催日の情報が伝わらない可能性があるといった事です。
原因は単に僕が大須の三洋堂のチラシをサボっているだけなんですけどね。。。はい、がんばって作成します。m(_ _)m


以上今月の反省でした。

コメント (1) | トラックバック (0)

05年07月03日
コンベンション情報 コンベンション情報

本日はコンベンションにご参加していただきありがとうございました。本日は先月と打って変わってたくさんの方にきていただきました。

参加者数:22(+スタッフ4名)

成立ゲーム:セブンフォートレス+Powerd:5名
        無限のファンタジア:5名
        ダブルクロス2nd:4名
        無限のファンタジア:4名

なお、今回から少しだけアンケートの内容を少し変更しています。内容は我々コンベンションに関する内容を二点です。ごきょうりょくおねがいします。

ちなみに一番最後のテーブルが終了したのは21:00頃でした。こんなかんじで多少ぐらいなら時間に猶予は持たせれます。まぁ小さいコンベンションだからこそ融通が聞くというとこですな。

コメント (0) | トラックバック (0)

05年07月01日
駄文 ダブルクロス+アリアンロッド=?

掲示板でも言われてしまったのでもう一度考え直してみることに。

当初考えていたシナリオの概要はこんな感じ。
ゲームの舞台はダブルクロスの世界でアリアンロッドと呼ばれる.hack//のようなオンラインゲームが存在する。

その中でつい最近ゲーム中に突如"覚醒"をして死亡してしまうゲーマーが何人も現れその原因を調査を依頼されたり、友達(ヒロイン???)からゲームに誘われたり元々ゲーマーだったりとするところからスタートするわけです。
この後のシナリオの予定ではゲーム世界と実世界の話を交互にやっていって両面から事件を調査するといった形を想定していたわけです。

ちなみにオンラインゲームのやり方は頭にヘッドギアのようなヘッドマウントディスプレイを付けコントローラで操作するといったもの。
オンラインゲームのゲームデザイナーは当然某アメリカお化け(笑)

あと各自のハンドアウトの予定は。。。
 PC1:友達からゲームに誘われる
 PC2:UGNから依頼
 PC3:アメリカお化けから依頼
 PC4:元々ゲーマー

とここまで考えたい他のだが、いかんせん二つの設定をうまい具合に絡めて両面から事件を解決していくといったネタが思いつかなかったのですわ。

コメント (0) | トラックバック (0)